おもてなしの基礎英語 ハリー杉山のLとRの発音の仕方

ぼんやりEテレを見ていたら、おもてなしの基礎英語という番組が放送されていた。

月曜の深夜というか火曜日だが、まとまって放送されているので再放送であることは確か。

その中で、ハリー杉山さんが、LとRの発音の仕方を簡単ではあるが解説してくれた。

Lは前歯をかすりながら

Lは前歯をかすりながら、レレレレレレ・・・と発音する。

Rはもっと奥から

Rはもっと奥から、引っ張るように発音する。

「前歯をかすりながら」という表現が、なんだか斬新だ。

例文は「自由に~する」

LとRが出てくる例文が、Feel free to use it.

洗濯を頼むお客さんに、洗濯機があるので自由に使っていいですよというときの表現。

高校とかでも、非常によく出てくる熟語の feel free to ~ 。

please はつけない

文型的にはよくわからないが、第3文型になるのか?

まあ、それはおいておいて、もうひとつ、日本人がよくやってしまう間違い(?)が指摘。

自分が実際の場面に出くわせば、100%そうやってしまうにちがいない良くない表現を確認しておこう。

それは、please をつけない。

Please feel free to use it.

としない。これは、何回か前の回にでてくる Make yourself at home. も同様。

こちらも、Please make yourself at home. とはしない。

ここにメモしたぐらいでは、すぐに治らないかもしれないが、でも修正する第1歩になればいいな。

そうそう、Feel free to use it. はスマホに話かけると、そのまま認識してくれた!

コメント