lack のつもりが luck としかShiri には聞こえず

いまさんの自己満足動画として「Shiriにチャレンジ(シリチャレ)」を始めました。

いくつかの単語の意味をShiriに聞いてみるという形式で、現実にShiriがその単語を認識してくれるかどうか試してみるというものです。

初回の挑戦として選んだ題材は、NHK「ニュースで英語術」の“助っ人”が支える地域の祭り

この中に登場する bind、lack、participant、weaken という英単語にトライしましたが、luck が何度やってもShiriには届きませんでした。

lack(欠乏)が良くてもluck(運)としか伝わらず

bind(縛る)を一発クリアのあと、lack に挑戦。

一発目は「duck(アヒル)」と認識。
二発目は、子音が近づいて「luck(運)」。
三発目は、余分な子音がついて「pluck(引き抜く)」。
四発目、また「luck」となったところで、運を使い果たさないよう、いや、モチベーションとしてのエネルギーを消費しないようパスして次に。

知ってそうで知らない「despond」

participant(参加者)の一発目は、ぜんぜん似つかない単語の「despond」。

見た目かんたんそうな単語なんだけれども、意味がわからず。

グーグル先生に尋ねてみると、「despond」は「落胆する」とか「がっかりする」という意味。

この日は夕方からある集まりがあったが、〇〇ちゃんはLineで「きょうは行きません」というので、雨でもあったので参加せず。

あとから、そういいながらも参加していたことを知ってがっかりしたので、きっと覚えられそうだ。うん、空元気も元気のうちだ!

My sweet hanny told me not to participate the meeting.
But in fact, she was there!
I was deeply desponded to see her picture on SNS.

動画を作ってみての気づき

簡単に作れる動画をと思ってやってみたが、想像以上に時間がかかった。

それでも、新しく知った動画作成の方法もあり、また、従来からあるYouTubeチャンネルの改善点も見つかったので、次に活かしたい。

ただ、完成してみて思ったが、あまりに自己チューというか自己満足な動画になってしまった。

齋藤飛鳥ちゃんが大好きなので、それもありかもしれないが、自己チューでも見てくれた人に役立つようなものを、そしてPCが途中でエラーをしない短めのものを作ってみよう。

明日のオレを作るのは、きょうのオレだ!

コメント