芸人先生 相席スタート 「髪切りましたね」は言えてもその後に・・・

NHK Eテレの「芸人先生」に相席スタートが登場。

というか、ふと画面を見たら「芸人先生」をやっていたところで、2人組の女性のほうが、男女のちょうどいい距離間について力説していた。

喋っていたのが相席スタートの山崎ケイさんだということは、あとからググってみて初めて知ったが、ビジネスとは関係なくズキズキと来た。

微妙な変化に気づいたら、事実だけでなくどう思うか伝える

ちょうどいい男女の距離感について、相席スタートの山崎ケイさんが解説。

「髪切りましたね」は言える。

でも、女性が求めているのはその先だという。

「切って、気付いて、どうなの?」ということ。

微妙な変化に気づいたうえで、それをどう思っているんですかということを、女性は求めている。

微妙な変化に気づいて「髪切りましたね」まで言えたら、髪を切ったという微妙な変化に対してどう思っているかを、男性は言葉で伝える必要がある。

こまめな気配り

ちょうどいい男女の距離感について、2つめのポイントはこまめな気配り。

一緒にいないときに、どれだけ相手のことを考えてあげられるかというのが、心に響く。

普通のカップルとかでも、一緒にデートしていて「あっ、これ買ってあげるよ」とかよりも、「きょうブラブラしていたら、何か似合いそうだなぁと思って買ってきたよ」とかのほうが、なんか嬉しい。

一緒にいないときも考えていてくれたんだなということが、女性はうれしかったりする。

仕事に置き換えた場合のこまめな気配り

仕事に置き換えた場合の例として、山崎さんが挙げたのは以前にした仕事を覚えていてアドバイスをすること。

前に出した企画を覚えてくれていてアドバイスをしてくれたりとか、ふとした時にいつも気にかけているんだよということを伝えることが効果的ではないかという。

いやあ、最初から見たかった。

と思ったら、15日(金)の25時、すなわち16日(土)の午前1時から再放送がある。

こんどこそ、最初から見よう。その前にYouTubeで相席スタートの漫才で予習しておこうかな・・

コメント